レコーディング再開と機材レビュ〜

しばらくダラダラと活動してましたが、ようやくやる気が少し戻ってきたのでレコーディング再開しました!
今4曲出来てあと3曲。今年はほんとに無駄が多いですが、なんとか年内に3曲完成させて締めたいです。
多分1曲はもうすぐ出来そうな気がします。

やっぱりSlate digitalを年間契約

abundle約3万円で1年間全プラグインが使えるバンドルを契約。節約のためHuluを解約しました。(笑)
ま、ここは基本ロックな味付け系が多いですが、やっぱそれが欲しくなりました。

この辺が使えますね。全曲通してます。簡単に「濃さ」が出せるプラグインですね。コンプの潰れ具合が気持ちいいです。

REVIVAL」って確かフリーのプラグインなんですが、これもいいですね。低音と高音を別々に目立たせるだけですが、アコギを前に持ってきたりと何にでも使えます。iLok2を持っている人は是非DLしてみてください。

やっぱりEarthworksのSR20を購入

2年前に一度買ってあまり使いこなせずに手放しましたが、安かったのでやっぱり購入。(笑)あらためてチェックしました。

  • 非常にクリア
  • 指向性は広め
  • 何にでも使えそう

20150605_earthworks_sr20_01基本的に高音を録るのが上手いペン型マイクですが、なかなか他のマイクじゃ出せない上品な高音が録れます。痛くないマイルドなサウンドかな。安いのは少しギラッとするんですよね。低音は必要最小限ですが、モコモコしやすいアコギにはいいんじゃないかな。近接効果もあまり無いです。全体的に非常に繊細でクリアです。

単一指向性ですが、他のマイクよりももう少し全体感が録れます。あまり変化が無いのでセッティングも楽ですね。むしろオフ目の方が活用できそうです。

ウインドスクリーン付属なので付ければボーカルも録れます。これもマイルドでフラット。コーラスに持ってこいです。なのでノイマンみたいな前に来る感じは無いです。癖がないのでピアノとか楽器なんでもいけますね、弦楽器がいいです。

結論としてロックな太さやガッツを求めるなら買う必要はないです。例えばSM57みたいなざっくりした塊感はバラバラに分解されたような繊細な音になります。

オンでもいいですがやや全体感を出したいポップス向きですね。女性ボーカルのアコースティック楽曲なんか最高じゃないかな。たまに録るアコーディオンのハイはきつくなりやすいのでこのマイクが合いそうです。

0920

気をつけたいのは、指向性が広いので部屋鳴りを結構拾います。それで最初はいい印象がなかったんですが吸音材などで少しデッドに調整するとクリアでいい音になりました。その辺は気を使うかも。あと、プリアンプはある程度太くハッキリ録れる方がいいですね。安いものだと、クリアだけど細すぎるかもしれません。

部屋の鳴りってほんと重要ですよ。機材買う前に絶対調整した方がいいです。(笑)

Earthworks SR20

※こちらの商品はお取寄せの場合、納期に2〜4週間程お時間を頂戴致します。 納期についての詳細は店舗までお気軽にお問い合わせください。 アースワークスの指向性マイ...

販売価格: 78,840 円 ( 更新)

販売店舗: パワーレック鍵盤堂

iMacが欲しい!

そんなわけで今年も無駄な買い物しまくってますが、一番買わなきゃいけないのはMac。

MacProのファンがかなり煩いんですよね。アルペジオなどのレコーディングはホントに気になります。腹立つ事に終わって夜になると静かになるんですよね。(笑)

21.5インチの速めのiMacにメモリ積んでSSDにして早く買い換えたいです。と言ってもOSが新しくなったばかりなので来年の春くらいになるかな。。

ま、やることやってます!