新曲「Better Days」無料配信!

毎月新曲リリースと言ってましたが、1ヶ月遅れました。(笑)無料DL中ですのでどうぞ!

曲のイメージ

今年の最初に作った曲で毎回ライブのオープニングでやってます。
「新しい朝」みたいなイメージですね。朝聞くと爽やかです。まったりした曲が多かったので、ジャンジャカしたこういう曲もまた作ろうと思います。

今年の予定

年末・年始に以前作った曲を2曲再レコーディングしてまたリリースします。その後4曲ほど配信したらまとめてアルバムにしようかなと思ってます。6月頃かな。

今回の録音関連機材レビュー

使った機材はアコギ以外は今までと一緒です。

  • 73年 D-28

1129-1

前回はモコっとしたオールマホガニーで録りましたが、今回はヌケの良いサウンドが欲しかったので、新たに購入したD-28で録りました。いいですね。イメージ通りです。いままでで一番聞いているアコギだからそう思うのかもしれないな。硬すぎず柔らかすぎず何にでも合います。

Taylorに差し替えてみると…

LRのアコギ2トラックをその後に買ったライブ用のTaylor 214ceに差し替えてみた。

やや伸びがないけどザクザクして若々しい感じでこれでもいいかも。自分が20代だったらTaylorを選ぶと思う。(笑)バンドの中でのアコギならTaylorだね。空気感が少ないのでタイトで音が前に来てわかりやすい。GAというドレッドより少し小さいサイズからくる低音のバランスもいいです。ただ、1ヶ月ほど経ったエリクサーでも結構エッジが立つ音なので新品弦だともっとキラキラシャリシャリすると思います。

D-28はビンテージということもあって、フワッとして暖かい。ここが一番の違い。新しいアコギは大体2KHzあたりが耳につくんですがそれが無い。ま、その分全体的にモワッとしてくるので、不要な帯域のEQ処理は必須です。ドレッドは特にね。

D-28がホントに活きるのは、もう少し大らかでのんびりした曲かな。クリアで綺麗に録るならTaylor、味のある音にするならD-28ってところです。

好評につき売切れです

アコギのメインマイクはLCT340

思い出した、前回はAT4050をメインでアコギを録りましたが、今回はLCT340にしました。(L側)オーディオテクニカのマイクは繊細で柔らかく録るにはハマるマイクだけど、硬く録るにはあまり向いていない印象です。こういう曲にはやや細くて弦がバラバラに聞こえすぎる感じでした。

ホントにロックに録るならSM57がいいと思うけど、そこまではと言うならLCT340がいいですね。高音は結構ナチュラルだけど他はいい感じに硬いです。
ただ低音が強いのでそこは要調整。

でも自分の用途的にはオーテクのほうが出番が多そうです。

好評につき売切れです

パーカッションを生にしたい!

いつもパーカッションはSuperior Drummer 2.0を使ってるんですが、生の音に慣れてくると少し硬さを感じますね。

前回は生のおもちゃシェーカーを使いましたが凄く良かったです。今後は全部生にしたいんですがカホンは流石に近所迷惑かな。(笑)タンバリンは近々買いに行こうと思ってます。ステレオで録れる環境があれば、安っぽいパーカッションでもその方が味が出て音源よりいいと思いますね。

ま、そんなわけであと1ヶ月頑張ります!

better