手応えを掴んで次のステップへ〜「四谷doppo」&「三鷹おんがくのじかん」ライブレポート!

4/22に四谷doppo、4/26に三鷹おんがくのじかんで続けてライブをしました。来てくれた方、どうもありがとう!

たまたまかもしれないけど、今までのライブの中でかなり手応えのあった2つのライブでした。四谷Doppoの方をフルでアップしました。

四谷Doppo

  • Better Days
  • スタバでね
  • 明日の詩
  • OLD MAN
  • ニヤリ
  • 落書き
  • 苦笑いの月

今回もアコーディオンのクラモトキョウコさんにサポートしていただきました。2人ライブは2ヶ月ぶり。当日の予報は晴だったのに、始まるちょっと前から雨が。。。雨多いんですよね、自分のライブ。(笑)

MCでも言ったんですが、最近湿度が上がってムシムシする。70%くらいある日もあった。そういう日は喉にはいいんですよね、潤ってる感じがして自分の声をコントロールしやすい。逆にアコギはジメジメして抜けの悪い音になっちゃうけど。

0428

そんなわけで、先週頭から結構調子が良くて、そのままライブも気分よく出来た結果、93点くらいのライブになりました。「明日の詩」だけ上手くコントロールできなかったけど、それ以外はテンポやピッチやらほぼ実力を出しきれました。これは大きな自信になる。お客さんからも「よかったよ」と言ってもらえました。

三鷹おんがくのじかん

月イチの一人修行ライブ。学園祭みたいなテープが似合っていない。(笑)

0428

  • リハがない
  • 楽屋がなくて集中できる時間が作れない
  • アウエーな感じ

という条件が逆にいいです。リハの大切さと直前に集中する必要を本当に感じます。見ている人も8割は出演者なので、自分の出番を待っていたりと落ち着かない感じであんまり聞いている人はいないんですが、そんな中でも自分のペースで出来れば、どこでも左右されずに及第点以上のライブが出来ると思う。

先月はその場の空気に馴染めなくて落ち着かなかったですが、今回はかなりゆったり出来ました。こっちも90点くらい。ミュージシャン的には実りあるいい4月になりました。

HD-28VとM80

0428また別でレビューしますが、この組み合わせは好印象ですね。

Martinのドレッドの安定感と腰のあるM80。ややエレキっぽい質感だけど、アンダーサドルのピエゾに近いコシを残しつつ、ピエゾよりは全然自然。GibsonのJ-45とかで太いエッジが欲しい楽曲にはバッチリハマると思う。フィンガーも綺麗な音。

好評につき売切れです

そして次へのステップへ

「最低限このレベルで演りたい」ってイメージまで、一年かけてようやく来ました。でもまだいくらでも上はある。

  • 楽曲の難易度を上げたい
  • 歌の表現力を向上したい
  • エレガットでボサノバライブがしたい

難しそう。。。でも、この辺をまた一年かけて達成したいと思う。

アルバム制作へ

修行ライブはぼちぼち演りますが、これから3ヶ月くらいは、レコーディングや宅録に戻ります。今までで一番いいアルバムが出来ると思う。引きこもりがちになるので、運動や気分転換をしっかりやらなきゃね。ウォーキング、ジョギング、サイクリングを再開しました。(笑)

4028-2

乞うご期待!